【ブログ】[認知症と向き合う](3)家族が変われば本人も

木之下先生は診療という「小さな窓」を通じて見てきた現場を語ります。家族の誰かが認知症になるということ。その変化をどう受け止めていったら良いのか。心の糧となるお話です。

本文はこちらです

・・・さて、認知症になったら、人と人とのこういったつながりはどうなってしまうのでしょうか。認知症は、認知機能の障害です。ですから、つじつまのあった答えを導き出すことは難しくなるでしょう。では、感情はどうか。・・・

ヨミドクター [認知症と向き合う](3)家族が変われば本人も より

Follow us!