【ブログ】[認知症と向き合う](9)「注意障害」ゆったり構えてNew!!

木之下先生と電話の先のご本人との間で何が起こっているのでしょう?
先生は何に気づいたんでしょうか?私たちにも気づけることなのでしょうか?気づいたならどうしたら良いのでしょうか?

カテゴリー
認知症の症状?ヨミドクターコラムから
続きを読む
【ブログ】[認知症と向き合う](8)「取り繕い」の理由 考えよう

「自分に甘く他人に厳しい私は、少しは人に優しく接することができるようになったかもしれません」と木之下先生が語ります。さて、きっかけは何だったのでしょう

カテゴリー
認知症の考え方ヨミドクターコラムから
続きを読む
【ブログ】[認知症と向き合う](6)「静かにさせる薬の悪循環」

12年前、こだまクリニックで訪問診療をされていた頃のお薬の話です。「静かにさせる薬」が必要以上に使われているケースが見受けられたようです。認知症のタイプによっては、適切な薬を選ぶのが難しい場合もあるとも書かれています。

カテゴリー
おとなしくさせる薬認知症の薬ヨミドクターコラムから
続きを読む
【ブログ】[認知症と向き合う](7)体の不調、チームで見抜く

何事でもそうですが、一人で考えていると行き詰まってしまうことがあります。自分のことは自分で、家族のことは家族で・・なんとかするのには無理がありそうです。では、どうしたらよいのでしょう。木之下先生はこう考えています。

カテゴリー
認知症の症状?ヨミドクターコラムから
続きを読む
【ブログ】[認知症と向き合う](5)対応のヒント与える見立て

認知症に関する医療の見立ての基本について・・・としてお話が始まります。十二年前、周辺症状とか中核症状という言葉が飛び交っていた時代ですが、単に人を病名で分類するのではなく目の前にいるその人がどんな状況にあるかを丁寧に見つめている姿が目に浮かびます。

カテゴリー
認知症の症状?ヨミドクターコラムから
続きを読む
【ブログ】[認知症と向き合う](4)体調に左右されやすい

・・・「散歩から帰ってきてから、唐突にとんちんかんなことを言いだしたんです」 意識の明瞭(めいりょう)さが落ち、・・・

カテゴリー
診療風景認知症の考え方ヨミドクターコラムから
続きを読む